カメの飼い方

親亀たちの飼い方です このやり方で 冬眠を繰り返し 4年から5年 飼ってます 特に解説することはないですが 80 CM ぐらいの水槽に 水を溜め 餌は 陸上に おいてます。

水は毎週交換。
f:id:teryuryu:20190714085031j:image

 冬眠時は この水槽の中に ミズゴケを入れて 蓋をして 無事春会えるのをひたすら待ってます 毎年 春に会えると大喜びです。

 

 

楽天アフィリエイトの始め方

いい本があったので、書評をしたいなと思ってたら、楽天アフィリエイトの事を思い出しました。

久しぶりにやってみたので、雑に流れを書きます。

こういうのをきちんと書くとアクセス数が伸びるのかな??

 

1.まず、概要把握。

 楽天アフィリエイトは、審査不要ですね。楽天会員なら、登録も不要との事。こりゃ楽だ。

 ホームから行くと、説明のページがわかりにくかったので、まずは以下のリンクからどうぞ。

楽天ã®ååããããããã¦ããå°é£ãã稼ããï¼

https://affiliate.rakuten.co.jp/guides/begin/?l-id=affiliate_PC_top_floating_2

 

2.紹介したい商品を検索、商品リンクを押す。

f:id:teryuryu:20190714161123j:plain

3.リンクをブログに張り付ける。

 ここで、「はてなブログ」だと、HTML編集に張り付けないといけないようですね。

 HTML編集に張り付けて、プレビューすると、きちんと貼付けられていることがわかり、安心です。他のブログも同じ感じかな、、、さっきBLOGGER閉鎖したが、残しておけばよかった。

 

以上!!

 

時間が出来たら、他のアフィリエイトも見てみます。

書評ついでに、楽天ポイントがたまったら、いいな。

カエル🐸の飼い方

我が家は、こんな感じで飼っています。

いろいろ試行錯誤しましたが、ミズゴケを敷くことで、皆さん健康に過ごしています。

 

いろんなカエルを飼っていますが、けんかもせず、安定しています。

過去は、脱走して死ぬこともありましたが、ミズゴケが心地いいのか、脱走もなし。


f:id:teryuryu:20190714085106j:image

かごはNISSOのプラケース特大

本体サイズ: W445XD270XH185mm、容量: 約13.5L、セット内容: プラケース

品番: NWP-156、JAN: 4975637411757



 

 

ミズゴケは、週に1回、バケツで洗って、網ですくって、絞って、きれいにして戻しています。結構汚れているのが分かり、ビックリします。

楽天アフィリエイト

アフィリエイトの文字を見て、10年以上前に、ブログ作って、楽天アフィリエイトをやっていたことを思い出しました。

楽天ブログにログインしたら、あったあった。2005年ー2006年にかけて、自転車旅行を題材に作っています。独身時代の部屋の名残も。

æ¹é 3

https://plaza.rakuten.co.jp/terururu/diaryall/

アクセス数を見ると、累計で2万人。今でも昨日だけで4人見てるのね。

10年以上ほったらかしていた事を考えるとすごいな。

「ブログは資産」という言葉を実感します。いつか丁寧に再構築したいと思います。

f:id:teryuryu:20190714160211j:plain

【書評】しょぼい起業で生きていく

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しょぼい起業で生きていく [ えらいてんちょう ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/7/14時点)


 

 

各章のまとめを読むだけでも面白い本です。

この方の始めた、リサイクルショップを私もやってみたくなりましたが、、、一旦冷静に考えてみます。

 

面白かった言葉

・「嫌なことからは逃げろ」逃げないと人は簡単に死にます。

→ほんとその通り。頑張ることはいいが、死ぬのは絶対ダメ。

 他のみんなもやっているから、会社辞めるなんて恐ろしくてできない、世間体が、、そんな理由で死んでしまったらどうするの?
 しんどくなった時、体調くずしたとき、必ず、死ぬほどの事か?と自分に確認できる冷静さが欲しい。

 

・お金がなくても、何とか生きていける/ 九州の南のほうだと、過疎の町がいっぱいあり、食べ物はそこらへんに生えている。凍え死ぬことはありません。

→雑だが、的を得ている。

 南国の人が、心に余裕があるのは、何かあっても、死にはしない。という余裕があるからだと私も思います。その分、働かないという人もいるかもしれませんが。

【書評】手ぶらで生きる


 

書評なんてやってみようかと。

 

タイトルが、ずっと気になっていた本。

今回、徳之島に移住するにあたり、荷物は、畳4畳分しか載らない。徹底的に物を捨てる必要あり。実際、bookoffに、本400冊ほど売ったと思います。

このような状況の中、やっと購入しました。

 

 

ミニマリズム、ミニマニストという言葉で言うと、ブームのように感じますが、その様に生きたい人、物を減らして楽な人だけやればいいのではと思います。

「家は持ちたくない」、と本能的に感じている人は、そういう人では?

作者までの割り切り方はできないが、物を持たないって、私は 楽!です。

 

残った荷物も、既に半分ほど梱包しているが、実は、何も生活に困ってない。嫁も同感。

今の時代、本を所有しなくても、電子書籍でいくらでも読めるし、検索もしやすい。

写真も、Googleフォト。便利な世の中です。

 

今回、荷物をかなり減らしたことで、次、「海外に移住」なんて時も、かなりスムーズにできるのでは??